FC2ブログ
災害時の“液体ミルク”のメリット・デメリットの講座に参加してきました。
ようこそチャイルドマインダーさっちゃん♪のブログへ

2019年3月から国内での液体ミルクの販売が開始されましたね。

『どうなんだろう?』と思っても、ネット情報でしか知ることができず
しかも、ネットだとメリットのことしか、書かれてない・・・

どんなに便利なものにも、デメリットは何かしら潜んでいると思っています。
そう思っていた中で、液体ミルクの勉強会を教えてもらい参加してきました!

日本助産師会会員でIBCLCの講師の方だったので、母乳、混合、ミルクそれぞれの授乳育児中のママへの母乳育児支援者からの新たな視点からの勉強会でした。
しかも、災害時の観点からや、発災1週間過ぎた後の、災害時の妊産婦・乳幼児の救援について。etc.etc.
私にとってめちゃめちゃ興味深い内容でした。
ekitaimilk.jpg
備蓄における液体ミルクのデメリットって、やはり費用!

一日にかかるコストの差が、試算表で約4~5倍違う!
(断水時の水購入料金や使い捨て哺乳瓶・紙コップ等も換算して)


そして、衛生・管理の面でのロスが多いこと。
大量備蓄して、一律に支援物資として提供するとどうなるのか?
ママ全員が、きちんと使用方法を知っていないと、逆に赤ちゃんの命を奪ってしまうことにもなりかねない。


有事の際、液体ミルクの買い占めが懸念されるし、そうなると本当に必要なママへ届けることが難しくなってしまうかもしれない?!

液体ミルクは災害時に便利というだけではなく、母乳VSミルクという対立ではなく、正しい情報を知ること。すべての赤ちゃんのために、選択するのはママ本人であること。


本当にミルクが必要な赤ちゃんに、十分な量のミルクがいきわたるようにすること。
また、母乳で育てているママが、有事のときでも ストレスフリーで授乳できる環境を整え、心のケアをすることが大切。etcetc


あくまで懸念していることではあるが、きちんとしたエビデンスに基づく勉強会でした。
少しでもリスクが考えられるなら、万が一でも赤ちゃんの命を守りたいという講師のお二人の熱意がヒシヒシと伝わってきました。


もし、興味があれば資料としていただいた先の下記サイトを参考までにチェックしてみてくださいね。
母と子の育児支援ネットワーク

https://i-hahatoko.net/?page_id=711



すべてのママ&パパ &未来を担う子どもたちへ
  LOVE+HAPPY
 お問い合わせ・・・ 
公式HP・・・・・・ 
  にほんブログ村 子育てブログ チャイルドマインダーへ
[ 2019/07/18 18:28 ]

| さっちゃん♪のつぶやき |
| ホーム |